top of page
TOP > お知らせ >Blog記事
  • 執筆者の写真岩崎克哉

人手不足に悩む中小企業のシニア人材活用戦略



中小企業が競争激化するビジネス環境で成功を収めるには、人材の最適な活用が不可欠です。特に、シニア人材の活用は企業にとって貴重な資産となり得ます。以下に、中小企業がシニア人材を効果的に活かすための戦略を詳細に探ります。


柔軟な雇用体系の構築

シニア人材を活用する第一歩は、柔軟な雇用体系の構築です。彼らはフルタイムの雇用よりも柔軟性を求めることが多く、リモートワークやフレキシブルな労働時間が魅力的です。中小企業は、これらの柔軟な働き方を提供することで、シニア人材を引き寄せ、長期的な協力を促進できます。働き方改革を進め、柔軟性を取り入れることで、シニア人材の積極的な参加が期待できます。


スキルや経験の最大活用の明確化

シニア人材がもたらす豊富な経験やスキルを最大限に活用するためには、これを組織内で明確に理解し、共有する必要があります。中小企業は、具体的なプロジェクトやポジションにおいて、シニア人材がもたらす付加価値を徹底的に明示することで、組織全体がその力を最大限に引き出せます。これにより、シニア人材自体もやりがいを感じ、自己実現が可能となります。


Will、Can、Needのトリプル視点の適用

組織や社会が望む要素と、自身が追求したいことや実現できるスキルがどれだけ調和しているかという観点からシニアのキャリアを評価する際には、「Will(意欲と意向)」、「Can(スキルと能力)」、「Need(必要性と適合性)」のトリプル視点が重要です。


Willの視点では、シニア人材がどのような目標や志向性を持っているか、やりたいことは何なのか?を理解し、組織の方向性との一致を確認します。


Canの視点では、経験やスキルを確認し、現在のポジションや将来のプロジェクトに適しているかどうかを評価します。また、 新しい環境や技術への適応能力や学習意欲を確認し、変化に対応できるかどうかの確認も重要です。


Needの視点では、組織全体のニーズとの適合性を見極め、組織文化との調和を確保することが重要です。組織全体のニーズとシニア人材の特性や能力がどの程度適合しているかを評価します。組織文化との適合性も考慮し、他のメンバーやチームとの協力が期待できるかどうかを確認します。


これらの対策を踏まえ、中小企業はシニア人材をうまく活用し、組織全体の力を高める可能性が広がります。

そして、柔軟性、スキルの最大限の引き出し、意欲の共有、そして組織全体との適合性を重視することで、中小企業がシニア人材を活かす道が拓けるでしょう。



Comments


bottom of page