TOP > お知らせ >Blog記事

企業にとって有益性のあるリーダーと管理職育成

更新日:2021年8月10日



■リーダーと管理職育成に注力する必要性


従業員一人ひとりを育成していくことは

もちろん重要ですが、

それよりも効率的なのが

リーダーと管理職を中心に育成していくことです。


たとえば、10人のチーム全員を育成するよりも

チームをまとめる1人のリーダーを育成したほうが、

育成費用と時間を抑えられます。


リーダーは管理職とも捉えることができ、

求められるのはマネジメント能力です。


それぞれの従業員の適性と得意分野、

性格などを把握したうえで、

適切な仕事を振っていきます。


リーダーはみんなのまとめ役でもあるので、

優れたリーダーのいる職場は人間関係が良好です。


楽しくやる気を持って働ける職場では、

人は自然と向上心を抱きます。



■職場のリーダーには何が求められるのか


リーダーと管理職育成においては、

育成指導のスキルアップが重要となります。


これは必ずしも仕事ができるという意味ではありません。

リーダーの役割はチーム全員の能力を引き出すことです。


そのため、仕事ができるかどうかよりも、

指導が得意かどうかが焦点になります。


確かに仕事ができる人は会社に大きく貢献できますが、

1人の力では相乗効果を期待できません。


リーダーや管理職に求められるのは、

チーム全体の能力をフルに引き出せるスキルです。

一人ひとりの能力を客観的に判断し、

能力に合わせた仕事を選定することが重要になります。


チームを引っ張っていくリーダーは、

あるとき急に誕生するわけではありません。


リーダーを育成する必要性がここにあり、

リーダーが育つことで、

企業が大きく成長する可能性が高まります。



■ゴールを設定すればやるべきことが明確に


企業の成功戦略では効率が何より大切です。

使用できる時間と資金は

有限だからこそ効率が求められます。


リーダーと管理職育成のポイントは、

役割を明確に把握してもらうことです。

たとえば、プロジェクトの成功のためには

ゴールの設定が欠かせません。


ゴールを明確にすることで、

プロセスとスケジュールを詰めることができるのです。


このようにゴールから逆算する思考は

「結果のために何をすべきか?」という考え方で、

最短距離でゴールにたどり着くための思考法です。



■リーダーに必要なコミュニケーション能力


コミュニケーション不足は仕事の効率を下げます。


リーダーや管理職に就くならば、

コミュニケーション能力を高めておく必要があります。

一方的に部下を叱るのではなく、

相手の話をよく聞くことが重要です。


情報伝達においては、

悪いニュースほど先に伝えることが大切になります。


人は悪いことを隠そうとする性質がありますが、

放置しておくことでさらなるトラブルを招くことが多いです。


リーダーにとって威厳や貫禄は重要ですが、

話しにくいキャラになっては困ります。


困ったときに気軽に相談できる雰囲気を

構築しておくことが重要です。


部下がミスをしたときは叱るだけでなく、

次につなげる解決策の提案をしましょう。


ミスを失敗と捉えるのではなく、成功するための経験だと考えるのです。



★リーダーの育成に困っている、自身がその立場で悩んでいる…

そんな方は是非一度BPカンパニーお問い合わせください。

ご相談は無料です。