TOP > お知らせ >Blog記事

企業の社会的意義をお客様と社員に共有する「ブランドストーリー」の魅力

更新日:2021年4月22日

ブランドストーリーは、ブランドが過去から現在まで歩んできた姿、

そして未来へと続く物語を伝えることで、

お客様に商品のファンとなってもらうだけでなく

共に働く仲間の間により強いパートナーシップを生み出します。


一言でいえば、「ストーリー性のある会社プロフィール」です。



みなさんも、「日清チキンラーメン」ができるまでの苦心が『まんぷく』として、

ニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝の物語が『マッサン』として

それぞれNHKの朝ドラとなり、商品の魅力が人々に再認識されたことは

記憶に新しいのではないでしょうか。



このように、ブランドの背景にストーリーがあることで3つの効果が期待できます。


  1. お客様の中に商品やサービスに対する深い共感が生まれ、ファン化を促します。

  2. ブランドが社会に存在する意義を伝えることで、社会へメッセージを伝えることが可能になります。

  3. 若手スタッフとベテランスタッフの間で、両者に同じレベルの自社理解が生まれます。



つまりブランドストーリーを作ることは、

顧客創造/人材育成、採用/組織の一体化という3点において

大きなメリットがあるのです。



例として、サントリー「山崎」のブランドストーリーを見てみましょう。


山崎のブランドストーリーサイトでは、物語を5つに分け、次のように伝えています。

1. どのようにして「山崎」は誕生したのか。

2. なぜ「山崎」という地でウイスキーを作ったのか。

3. 作り方への「こだわり」

4. どんなメンバーが作っているのか

5. 世界一という称号の獲得と、これからの「山崎」


このように、企業がブランドや商品にかける「想い」、

つまりブランド観を物語の中でお客様に深く知ってもらい、

深い共感やファン化を促すブランディング手法が、ブランドストーリーです。



このブランドストーリーが、いわゆる「沿革」とは異なることもポイントです。


「沿革」は、あくまで教科書の年表のように、

企業のたどってきた事実を羅列したものにすぎません。


いっぽうで、ブランドストーリーは

・「会社の生い立ち」と「ビジョン」(過去⇒現在⇒未来)

・「事業内容や強み」

・「お客様に対する姿勢」

・「ブランドメッセージに込められた想い」

・「ブランドの背景にあるストーリー」

・「企業が、どんな社会課題の解決のために存在しているのか」

といったことを、短時間で読めるストーリー仕立てで知ってもらうことができるのです。



ブランドストーリーを「描く」最大の強みは、

企業が社会に存在する意義、つまり「社会性」を人々に伝えることにあります。


しかし、共感を呼ぶブランドストーリーを考えるというのは簡単なことではありません。



「自分一人で考えるのは難しい」とおっしゃる方は、

BPカンパニーまで気軽にお問い合わせください。

ご相談は無料です。