TOP > お知らせ >Blog記事

理念経営の意義を把握しておこう




■企業理念と何が違うのか


企業のミッションや存在意義や目的を企業理念と呼ぶのに対して、

「理念経営」は経営者が重視すべき考え方です。

理念を経営の軸としてその実現を目指すことを「理念経営」といいます。


理念経営を実践するためには、

経営者が具体的な考え方、思考を明確にしておく必要があります。

時代は常に変化しているので、時代を無視した戦略はうまくいきません。

10年後、20年後を視野に入れて理念を設定することが大切です。

企業が安定的な利益を得るためには、変化することが必須になり、

理念を組織に根付かせながら進化させることが必要です。



■中小企業が理念経営を発信する最適な手段


自社ホームページを開設し、理念経営を発信していきましょう。

社長の顔写真やメッセージには大きな影響力があります。

社長の顔や理念がよくわからない会社は、信頼性を得るのが難しいものです。

私たちは商品を購入するとき、

無意識のうちに企業の信頼性やブランド力を見極めています。

理念を社外にアピールしていけば、それがブランディングにもなります。

企業をブランド化させることができれば、同時に商品価値も向上していきますので、

価格競争に巻き込まれる可能性を下げることができます。



■シンプルな「理念」が好ましい


理念といえば堅苦しい複雑な文面をイメージするかもしれませんが、

大切なのはシンプルであることです。

難しい専門用語を並べていても、お客様は理解してくれません。

誰にでもわかる言葉を使用し、さらに具体性を持たせることが重要です。

抽象的な内容では、結局は言いたいことが伝わりません。

伝えるべきことが伝わらなければ、理念経営が存在しないのと同じことです。

さらに理念経営の内容は、実現可能なものである必要があります。


具体的には、

1.「当社」は何の事業を行っているのか?

2.「どのようなお客様」に対して「何を」提供するのか?

3.「社会」にどんな影響を与える会社なのか?

といった要素で構成したいものです。


働き方や消費者ニーズが多様化した現在、

企業には変化するニーズに対応する能力が求められています。


今一度、企業のミッションや存在意義まで立ち戻り、

社会に対する企業価値の向上に向けて理念経営を実践することが

新たなマーケットの創造や人材確保といった経営課題の解決に繋がると思われます。